FC2ブログ
北海道労金労組の活動を紹介する公式blogです。

「連合エコライフ21」環境にやさしい12の生活・ピークカットアクションに取り組みましょう!

 連合本部は、地球環境が悪化する中、「働くことを軸とする安心社会」を実現するためには基盤となる地球環境保全の必要性があるとし、持続可能な社会に向けて一人ひとりの環境意識の醸成や具体的な取り組みが求められているなどとして、中長期的な展望に立った運動が重要であるとしています。また、継続的に節電する必要があるとしています。
 具体的には、2017年6月1日から2018年5月31日を「2017年度連合エコライフ」の取り組み期間とし、①地球環境保全の観点から、ライフスタイルを見直す「環境にやさしい12の生活」を基本的な取り組みとして展開すること、②電力需給対策として、節電に向けて「ピークカットアクション21」(家庭・オフィス版)などを活用して啓発活動を進めることを確認しました。

 地球環境の悪化を防ぎつつ、原子力エネルギーに依存しない社会を実現するには、こうした取り組みを実践し、環境意識を高め、エネルギー消費量を抑制していく必要があります。
 引き続き、節電をしながら暑い夏を乗り切るために、電気を使う時間を皆で分け合い、生活習慣の見直しを行っていきましょう!

『環境にやさしい12の生活』~身近なところから、できるところから~
1.電化製品を上手に使って消費電力を削減しよう。
2.電化製品の主電源を切って待機電力を削減しよう。
3.水の蛇口はこまめに閉めよう。
4.エコ通勤・エコドライブを心がけよう。
5.ゴミは減量し、再利用可能な資源を分別して有効利用しよう。
6.マイエコバッグを持ち歩き、省包装・簡易包装の商品を優先しよう。
7.食品廃棄・ロスは減らそう。
8.国産および身近な地域でつくられた食品や製品を選ぼう。
9.環境に配慮した製品を選択しよう。
10.紙や木材製品を買う時は国産材・間伐材のものを選ぼう。
11.緑のカーテンをつくろう。
12.蚊の発生源となる場所をなくそう。

『ピークカットアクション21』
《エアコン》
1.温度設定を控えめにする(28℃が目安)。
2.扇風機で空気を循環させ、効率的にエアコンを使用する。
3.使用時に扉やカーテン・ブラインドを閉める。
4.フィルターをこまめに掃除する。
《照 明》
5.電球の間引き、照度の調整をする。
6.器具のこまめな掃除で明るさをアップする。
《冷蔵庫》
7.温度設定を控えめにする(強にしない)。
8.開いている時間を短くし、余分な開閉はしない。
9.物を詰め込みすぎないようにする。
10.熱いものは冷ましてから入れる。
《テレビ》
11.画面のこまめな掃除で明るさをアップする。
12.音量は不必要に大きくしない。
13.DVDやゲーム機器のつけっぱなしに注意する。
《その他》
14.温水洗浄便座の温水・便座の温度設定を控えめにし、つかわないときには保温便座のふたを閉める。
15.電気衣類乾燥機は極力使用しない。
《電化製品共通》
16.スイッチをこまめに切る。
17.省エネ効果の高い製品への買い換えや、省エネモードやタイマー機能の活用をする。
18.季節によって必要ない機器や、使用頻度の低い機器はコンセントを抜くまたは主電源を切る。
19.スイッチ付きテーブルタップの活用で、待機電力の削減を心がける。
《生活行動の工夫》
20.家庭において、特にピークカットが求められる時間帯(13:00~16:00)(※)の電力使用を極力抑える。
21.家族が同じ部屋で過ごし、消費電力を抑える。

http://www.rengo.org/sitemap.html



全道オルグを開催しました!

 2013年2月12日(火)~15日(金)にかけて、全道オルグを開催しました。
 
 本オルグ日誌では、全道すべての支部・分会での様子を掲載することはできませんが、いくつかをご紹介いたします。

 尚、本オルグにて提案した議題については、2月23日(土)に開催した『第4回中央委員会』にて満場一致で可決されました(『第4回中央委員会』の様子については、別途ブログに掲載していますので、併せてご覧ください)。
 
 業務多忙な中、真摯にオルグを受けてくださった全道の組合員の皆さん、そして、交流の場に参加していただいた管理職の皆様、大変お世話になりました。この場を借りてお礼を申し上げます。


【夕張分会:千葉執行委員】
 札幌からバスに揺られること約2時間。石炭の街、夕張に降り立ちました。
 幸いなことに天候は晴れていました。
 外の気温とは対照的に温かく迎えていただいた所長と夕張分会の皆さん、ありがとうございました。
夕張出張所外観 夕張分会オルグ宿泊先

【留萌支部:千葉執行委員】
 札幌からバスに揺られること約3時間。年初の大雪が話題になった留萌の地に降り立ちました。
 降雪も落ち着いたとはいうものの、かなりの積雪量で地域の方々の苦労が伺えました。
 夜遅くまで交流いただいた支部・支店の皆さん、本当にありがとうございました。
留萌支店外観 留萌支部オルグ宿泊先

【富良野支部:千葉執行委員】
 北海道のヘソともいわれる富良野までは、留萌から約3時間のJR乗り継ぎとなりました。
 次世代システム研修の合間となるお忙しい時期に温かく迎えてくださった支部・支店の皆さん、本当ありがとうございました。
富良野支店外観

【札幌合同オルグ:勝田執行委員長、槙田書記長】
 「TKP札幌ビジネスセンター赤れんが前」にて札幌市内7支部合同でオルグを開催しました。
 勝田委員長の挨拶の後、槙田書記長・勝田委員長より提案を行いました。
 業務終了後に集まっていただいた札幌市内支部のみなさん、お疲れ様でした。
札幌合同オルグ 勝田委員長挨拶 札幌合同オルグ 槙田書記長提案 札幌合同オルグ奥井書記次長 札幌合同オルグ風景① 札幌合同オルグ風景②

【遠軽分会・網走支部:奥井書記次長】
 遠軽分会では分会の皆さんと副所長におもてなし頂き、温かく送り出して頂きました!
 それにしても、遠軽の想定外の寒さにビックリしました!網走に到着し、気温は若干和らいだかと思いきや、支店に向けて歩いていると、これまた、想定外の風の強さと寒さに、またしてもビックリ!流氷が来ているからとの事でしたが、宿泊先の裏に道の駅があり、見えるかと思ったのですが、船しか見る事が出来ませんでした。
 寒さに負けず、たくましく活動されている遠軽分会・網走支部に感動致しました!
網走支部風景

【江別支部:鶴見執行委員】
 みなさん、業後でおつかれのところ熱心に話を聞いて頂きありがとうございました。また、夜遅くまで交流をみなさんと深められたことで皆さんとの距離もグッとちじまったように感じています。
 青年部員が多い支部ですが、みなさんで力を合わせて支部活動を盛り上げてくださいね。
江別支部オルグ風景

【函館支部:大江執行委員】
 オルグ初日。ガチガチに緊張した私を乗せて、JRスーパー北斗は函館に到着しました。
 ホテルへチェックイン後、函館支店へ向かいました。業務多忙の中、清家支部長をはじめ組合員の皆様へ温かく迎えていただきました。オルグ後には懇親会にて様々な意見交換ができました。函館支部・支店のみなさま、ありがとうございました。
函館の風景 函館支部オルグ風景

【八雲支部:大江執行委員】
 函館から再度スーパー北斗に乗って、八雲駅に降り立ちました。八雲支部では山田支部長、長澤書記長に迎えていただき、初の一人でのオルグがスタートしました。緊張で口が回らない私を支部のみなさんは優しく見守っていただき、その後の懇親会でも緊張をほぐしていただきました。八雲支部・支店のみなさま、ありがとうございました。
八雲支店外観① 八雲支店外観②

【倶知安支部:大江執行委員】
 普通列車に揺られ、倶知安駅に降り立ちました。倶知安の雪の多さに圧倒されながら、倶知安支店に向かいました。 幡野支部長に迎えられ、倶知安支部でのオルグを行いました。その後の懇親会でも、夜遅くまでお付き合いいただき有意義な意見交換を行えました。倶知安支部・支店のみなさま、ありがとうございました。
倶知安の風景 倶知安支店外観

ピークカットアクション21を取り組もう!!

 東日本大震災から1年9ヵ月が経過し、中長期的なエネルギー・環境政策など持続可能な社会の実現に向け、節電等の省エネ政策の推進が重要となってきています。そのような状況の中、連合エコライフ21の活動のひとつとして始まったのが『ピークカットアクション』です。
 日が短くて寒い冬は、暖房や照明の使用時間が増え、再び電力需要が逼迫する可能性が高まります。特に家庭においては、18:00以降の取り組みが必要です。
 そこで、連合は夏の取り組みに続く、『冬の節電アクション』として、21個の節電アイデアを提案しています。引き続き、みんなの力で節電の冬を乗り切り、電気を使う時間をみんなで分け合うとともに、生活習慣の見直しに繋げていきましょう!

【ピークカットアクション21 ~ 冬期版 ~】

<エアコン>
 1.暖房の温度設定を控えめにする(20℃が目安)。
 2.使用時に扉やカーテン・ブラインドを閉める。
 3.フィルターをこまめに掃除する。
 4.こたつなど効率良い部屋暖房や、石油/ガスストーブ、湯たんぽなど電力を使わない器具の活用を心がける。
 5.重ね着や膝掛けなど、衣類の工夫を心がける。
<照明>
 6.電球の間引きや、照度の調整をする。
 7.器具のこまめな掃除で明るさをアップする。
<冷蔵庫>
 8.温度設定を控えめにする(弱に設定する)。
 9.開いている時間を短くし、余分な開閉はしない。
 10.物を詰め込みすぎないようにする。
<テレビ>
 11.画面のこまめな掃除で明るさをアップする。
 12.ビデオ・DVDやゲーム機器のつけっぱなしに注意する。
<その他>
 13.温水洗浄便座の温水・便座の温度設定を控えめにし、使わないときは保温便座のふたを閉める。
 14.炊飯は早朝にまとめ炊きをし、保温機能は使用しない。
 15.電気式衣類乾燥機は極力使用しない。
<電化製品共通>
 16.スイッチをこまめに切る。
 17.省エネ効果の高い製品への買い換えや、省エネモードやタイマー機能を活用する。
 18.季節によって必要ない機器や、使用頻度の低い機器はコンセントを抜くまたは主電源を切る。
 19.スイッチ式テーブルタップの活用で、待機電力の削減を心がける。
<生活行動の工夫>
 20.家庭において、特にピークカットが求められる時間帯(18時以降)の電力使用を極力控える。
 21.家族が同じ部屋で過ごし、消費電力を抑える。


 また、連合では「環境家計簿」等実践の効果測定を目的とする”見える化”の取り組みも行っております。下記のURLからHPに入り、参加してみましょう!http://www.rengo.org/kakeibo.html

福地青年部副部長が『就活応援セミナー』にパネラーとして参加しました

 福地青年部副部長が前回に引き続き11月4日(日)自治労会館ホールにて開催された、連合北海道「就活応援セミナーⅣ」に、パネラーとして参加しました!
「会社人事からは絶対に聞けない!業界の裏側が聞ける、働く側からの本音トーク」と題したパネルディスカッションのパネラーとして、これから就職活動を迎える学生に向け、社会人としての経験や感想を実体験に基づき分かりやすく伝えました。

全体風景 福地青年部副部長の発言1 福地青年部副部長の発言2

福地青年部副部長が「就活応援セミナー」にパネラーとして参加!

3月21日(水)札幌エルプラザホールにて開催された、連合北海道「就活応援セミナーⅢ」に、青年部常任委員会の福地副部長がパネラーとして参加しました!
「会社人事からは絶対に聞けない!業界の裏側が聞ける、働く側からの本音トーク」と題したパネルディスカッションのパネラーとして、これまでの経験や感想を、参加した学生に分かりやすく伝えました。



全体風景2 全体風景1 福地青年部副部長 福地青年部副部長2
カレンダー
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
連絡先
〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西5丁目
TEL:011-241-0170
FAX:011-241-7540
フリーエリア