fc2ブログ
北海道労金労組の活動を紹介する公式blogです。

2023年度第3回幹部学校を開催しました!

 2024年2月10日(土)、「2023年度第3回幹部学校」を開催しました。本幹部学校は2023年度第3回中央委員会に引き続き、金庫新中会議室にて開催しました。

 議事は以下の通りです。
Ⅰ.仲間をひろげる取り組み
Ⅱ.全労金「労働組合の行動計画」
Ⅲ.分散会

 「仲間をひろげる取り組み」では、第3回中央委員会における決議を踏まえ、①再雇用嘱託職員に対し、仲間をひろげる取り組みの声掛けを開始するにあたっての最終確認として、使用するツールや声かけのポイントを共有したのち、「仲間をひろげる取り組み 強化月間」の進め方を確認、②既加入パートナー職員組合員への対応について、組織強化・運動の底上げの観点から労働組合活動をより身近に感じてもらえるような取り組みを行うことを確認しました。
 『全労金「労働組合の行動計画」』では、北労金労組が未達成となっている項目を披歴したうえで、取り組み前進に向けた当面の課題について議論しました。
 分散会では、前述の提案を踏まえ、①今後「仲間をひろげる取り組み」を進めるにあたっての疑問点の解消、②労組本部や支部におけるジェンダー平等の実現や、職場集会の毎週開催を実現するために、支部が取り組めることについて、意見交換を実施しました。

 分散会であげられた意見については、今後の取り組みを進めるにあたり参考とさせていただきます。今後も、積極的な議論参画をお願いします。
DSC06374.jpg DSC06420.jpg
DSC06411.jpg DSC06434.jpg
DSC06432.jpg DSC06438.jpg
DSC06442.jpg DSC06444.jpg
DSC06454.jpg

2023年度第3回中央委員会を開催しました!

 2024年2月10日(土)、「2023年度第3回中央委員会」を金庫新中会議室にて開催し、全道各支部から中央委員34名、分会オブザーバー4名、執行部8名の合計46名が参加しました。
 議長には、本店支部より今井中央委員を選出し、議事を進めました。

 議題は以下の通りです。
Ⅰ.諸活動報告
Ⅱ.2024春季生活闘争方針(案)について【決議事項】
Ⅲ.2024年度時間外・休日労働方針(案)について【決議事項】
Ⅳ.2024年度職場定員確定協議について【決議事項】
Ⅴ.仲間をひろげる取り組み【決議事項】
Ⅵ.若年層の月例賃金引き上げに関する協議方針(案)【決議事項】
Ⅶ.定年退職者への感謝状・記念品の贈呈
Ⅷ.その他

 本中央委員会では、1/30~2/5に開催した書面・YouTube・Zoomを活用した全道オルグ後に組合員間で議論した職場討議報告を踏まえ議論し、「2024春季生活闘争方針(案)」「2024年度時間外・休日労働方針(案)」「2024年度職場定員(案)」「仲間をひろげる取り組み」「若年層の月例賃金引き上げに関する協議方針(案)」を、全会一致で確認しました。
 本中央委員会で提案・確認した内容は、参加された中央委員の皆さんが中心となり、職場集会等を活用しながら、支部・分会の組合員と共有いただくようにお願いします。

執行委員会は、春季生活闘争方針が確認されたことを踏まえ「闘争委員会」に改組し、スト権を確立したうえで、2月26日に全国の仲間と一斉に要求書を提出し、闘争体制に入ります。2024春季生活闘争は、昨年にも増してインフレ圧力が強い中での闘争となります。賃金も物価も上がる経済の好循環を作り出すためにも、今春季生活闘争は重要な位置づけであり、正念場となります。全国の仲間、地域、社会への波及を意識しながら、最後まで全労金組織が一丸となって、団結して戦い抜きましょう!
DSC06200.jpg DSC06213.jpg
DSC06219.jpg DSC06238.jpg
DSC06268.jpg DSC06277.jpg
DSC06300.jpg DSC06333.jpg
DSC06253.jpg

2023年度第2回幹部学校(WEB)を開催しました!

 2024年1月20日(土)、「2023年度第2回幹部学校(WEB)」を開催しました。本幹部学校は2023年度第2回中央委員会に引き続き、WEB(Zoom)にて開催しました。

 議事は以下の通りです。

Ⅰ.仲間をひろげる取り組み

 「仲間をひろげる取り組み」では、2023年度第1回幹部学校および2023年度階層別組合員学校での意見を共有したうえで、今後の具体的な取り組みを開始することを想定し、取り組み方法について提案・学習を行いました。

 今後、取り組むことを想定している再雇用嘱託職員に対する仲間をひろげる取り組みは、労組本部のみではなく、支部・分会の皆さんも含め、粘り強く組合加入に向けた声かけを実施する必要があります。それらの取り組みを通じて、運動の強化・発展につながるものと考えます。
 
 北労金労組が一丸となって取り組みを進めるために、今後も積極的な議論参画をお願いします。なお、本幹部学校での提案内容については、中央委員会同様、参加された支部役員が中心となり、職場組織内での共有をお願いします。
DSC06167.jpg 上杉副委員長提起1

DSC06190.jpg


2023年度第2回中央委員会(WEB)を開催しました!

 2024年1月20日(土)、「2023年度第2回中央委員会(WEB)」を開催しました。本中央委員会は、冬期間の交通状況や、これまでのコロナ禍におけるWEB開催実態等を勘案し、WEB(Zoom)にて開催しました。

 本中央委員会には、全道各支部から中央委員34名、分会オブザーバー7名、執行部7名、全労金から奥井中央副執行委員長の合計49名が参加しました。
 
 議長には、札幌支部より皆川中央委員を選出し、議事を進めました。

 議題は以下の通りです。
Ⅰ.諸活動報告
Ⅱ.2024春季生活闘争関連
Ⅲ.2024年度職場定員確定協議
Ⅳ.労使協議課題
Ⅴ.その他

 2024春季生活闘争関連では、全労金2024春季生活闘争方針(案)、及び連合、単組見解も含め全体で確認しました。2024年度職場定員確定協議では、金庫への申し入れ内容を確認の上で、今後の進め方について全体で認識の共有を図りました。

 本中央委員会での議案は、いずれも北労金労組の運動を進めるうえで重要な内容となっておりますが、とりわけ「Ⅱ.2024春季生活闘争関連」では、わたしたち北労金労組が春季生活闘争を取り組むうえで重要となる「全労金2024春季生活闘争方針(案)」に関して提起しました。「全労金2024春季生活闘争方針(案)」では、基本賃金の改善を始めとし、安定雇用の実現や、ジェンダー平等、また改正「育児・介護休業法」に関する対応など、様々な課題に関する要求内容が掲げられていますが、いずれの項目も、わたしたちが明るく安心して働くことのできる職場環境を構築するために、大変重要な内容となっています。今後、全道オルグ等において、わたしたち北労金労組の2024春季生活闘争方針(案)の提起、また組合員みなさんとの意見交換・認識の共有を図ることを想定していますが、全労金組織に集まる仲間が団結して2024春季生活闘争を取り組むためには、まずは「全労金2024春季生活闘争方針(案)」について、単組内での認識の共有・意識合わせが重要となります。今一度、支部役員の方が中心となり、様々工夫をいただきながら、支部組合員との認識の共有、ひいては意識醸成をお願いします。

 今後も、組合員一人ひとりが、より働きやすい職場になることをめざし、運動を一歩ずつ前進させていきましょう。
DSC06082.jpg DSC06137.jpg
DSC06092.jpg 奥井副委員長挨拶
DSC06102.jpg DSC06121.jpg
DSC06112.jpg DSC06150.jpg
全体2 全体3
DSC06128.jpg


2023年度階層別組合員学校を開催しました!!

 2023年12月16日(土)、ネストホテル札幌駅前にて、災害対策担当役員28名、仲間をひろげる取り組み担当役員28名、執行部7名の合計63名が出席し、2023年度階層別組合員学校を開催しました。

 議題は以下の通りです。
Ⅰ.全体学習会「支部活動について」~支部・分会活動の機能強化に向けて~
Ⅱ.課題別学習会
Ⅲ.分散会

 議題Ⅰでは、課題別担当役員として、支部活動全般における役割や求められる行動、全労金「労働組合の行動計画」の策定経過等について参加者全体で学習しました。
 その後の議題Ⅱ以降は、会場を2つに分け、課題別担当役員が担当するそれぞれの課題ごとの学習会を開催しました。
 「災害対策」関連の学習会では、東日本大震災や北海道胆振東部地震等、過去の自然災害について、映像や当時の状況を記録した資料を振り返ったうえで、今後の災害対策活動に活かすための学習や「災害対策マニュアル」や「災害対策ハンドブック」の内容について議論しました。
 また、「仲間をひろげる取り組み」の学習会では、パートナー職員組合員の積極的な労働組合参画に向けて、過去の取り組み経過について改めて共有し、今後、支部・分会において、必要な取り組みについて意見交換を行ったほか、年明け以降に議論の上、取り組みを開始する再雇用嘱託職員への仲間をひろげる取り組みについて、現在の方針や声をかけるにあたってのツール等について意見交換を行いました。
 本学校の内容は、分散会での意見交換も含め、今後の支部・分会活動を行ううえで、全組合員で認識を共有していただきたい内容となっています。ぜひ、参加された方より、職場集会等において支部・分会組合員へ還元をお願いします。また、分散会であがった意見については、2023年度の運動を進めるにあたり、参考とさせていただきますので、今後も積極的な議論参画をお願いします。
DSC05784.jpg DSC05797.jpg
DSC05809.jpg DSC05817.jpg
DSC05875.jpg DSC05844_202312201336298f6.jpg
DSC05833_2023122013362981a.jpg DSC05879.jpg
DSC05913.jpg DSC05916.jpg
DSC05919_20231220133636a16.jpg DSC05927.jpg
DSC05922.jpg DSC05925.jpg
DSC05931.jpg DSC05933.jpg
DSC05935.jpg DSC05943.jpg
DSC05944.jpg DSC05950.jpg
DSC05963.jpg DSC05959.jpg
カレンダー
01 ≪│2024/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
連絡先
〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西5丁目
TEL:011-241-0170
FAX:011-241-7540
フリーエリア